本文へスキップ

 シタヤはお客さまに「信頼と満足」をお届けします                                                       日本語/English

TEL. 03-3844-5101

〒110-8510 東京都台東区東上野5丁目2番5号 下谷ビル6階

ワイヤロープテスタ

 TOP > 製品一覧 > ワイヤロープテスタ
ワイヤロープテスタとは、電磁探傷法の一つである漏洩磁束法を用いて、使用中のワイヤロープの疲労断線を検出する装置です。機器は、磁化器、プローブ、制御器および記録計で構成されています。
種類としては、軽量化したクレーン用、エレベータ用及び従来タイプで据え置き形のリフト用の3種類があります。



ワイヤロープテスタの仕様
適用ロープ径  8~18(小型) 20~40(中型) 40~65(大型)
構成機器 検出器 型式 DP-530A DP-550A DP-570A
寸法(mm) 165x200x50 238x110Φ(円筒形) 238x140(円筒形)
概算重量(kg) 3.0 7.0 9.0
制御器 型式 TWT-550A
寸法(mm) 170x160x124
概算重量(kg) 4.5
記録計 型式 WR7257
寸法(mm) 225x183x118
概算重量(kg) 3.5
ロープ移動速度(m/min) 18~72
電源 AC100V±10%
(注)ステンレスロープやアルミより線などの非磁性品には適用出来ませんので、ご注意下さい。
 備考:径6mm以上8mm未満のロープ用に対しても、ご相談に応じます。




バナースペース